神奈川県市長会

  1. Home
  2. 組織概要
  3. 沿革

組織概要

沿革

  1. 神奈川県市長会は、県内19市の市長をもって組織・運営されている。
  2. 本会は、昭和31年7月30日、設立の会合を開き、鎌倉市長磯部利右衛門氏(昭和32年9月25日~昭和33年7月17日)が初代会長に就任。
  3. 昭和33年7月17日、会長死去に伴い、藤沢市長 金子小一郎氏が二代目会長となり、任期1年として、昭和47年3月31日まで14期(13年8ヶ月)の間会長に就任。
    (注)昭和45年に副会長制度を設ける。
  4. 昭和47年4月1日、厚木市長 石井忠重氏が三代目の会長となり、昭和54年2月22日まで6期(6年11ヶ月)の間会長に就任。
    (注)昭和51年度から任期2年となる。
  5. 昭和54年2月23日より副会長である茅ヶ崎市長 柾木一策氏が会長代理となる。同年3月5日、小田原市長 中井一郎氏が四代目の会長となり、昭和60年2月17日まで4期(5年11ヶ月)の間会長に就任。
    (注)昭和58年7月、中井会長が全国市長会会長に就任したことに伴い、副会長2人制となる。
  6. 昭和60年2月18日、相模原市長 舘盛静光氏が五代目の会長なり、平成9年1月30日まで7期(11年11ヶ月)の間会長に就任。
  7. 平成9年1月31日、茅ヶ崎市長 根本康明氏が六代目の会長となり、平成11年4月27日まで2期(2年3ヶ月)の間会長に就任。
  8. 平成11年5月14日、座間市長 星野勝司氏が七代目の会長となり、平成14年3月31日まで2期(2年11ヶ月)の間会長に就任。
    (注)平成13年6月、高秀横浜市長が全国市長会会長に就任した。
  9. 平成14年4月1日、南足柄市長 鈴木 佑氏が八代目の会長となり、平成15年3月31日まで1期(1年)の間会長に就任。
    (注)会長職及び相談役職の任期は、1期2年とし、再任を行わないこととを原則とした。
    (注)平成14年度から副会長3人制となる。
  10. 平成15年4月1日、小田原市長 小澤良明氏が九代目の会長となり、平成18年3月31日まで2期(3年)の間会長に就任。
    なお、平成15年4月1日から平成16年3月31日までは前鈴木会長の残任期間就任。
  11. 平成18年4月1日、厚木市長 山口巖雄氏が十代目の会長となり、平成19年2月22日まで1期の間会長に就任。
  12. 平成19年2月23日、大和市長 土屋侯保氏が十一代目の会長となり、平成19年5月1日まで1期の間会長に就任。
  13. 平成19年5月11日、藤沢市長 山本捷雄氏が十二代目の会長となり、平成20年2月25日まで1期の間会長に就任。
  14. 平成20年2月26日、鎌倉市長 石渡德一氏が十三代目の会長となり、平成21年10月31日まで1期の間会長に就任。
  15. 平成21年11月1日、茅ヶ崎市長 服部信明氏が十四代目の会長となり、平成24年3月31日まで1期(2年5ヶ月)の間会長に就任。
  16. 平成24年4月1日、海老名市長 内野 優氏が十五代目の会長となり、平成28年3月31日まで2期の間会長に就任。
  17. 平成28年4月1日、秦野市長 古谷義幸氏が十六代目の会長に就任。
ページトップへ